探偵の浮気調査に支払う費用

探偵の浮気調査に支払う費用は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。実費には移動にかかる費用、写真の撮影にかかる費用などのことを指しますが、調査の際の食費が上乗せされることも少なくありません。時間給というのは、調査をした人数×調査をした時間で、計算した費用です。
調査にかかる期間が短くて済めば請求金額も少ないです。
成功報酬制の料金体系を設定している探偵事務所は、調査に成功した場合でないと報酬を得られないというリスクがあるため、成功した場合はそれなりに高額の料金を請求されます。
そのように考えると、成功報酬制を採用しておりている方が、浮気調査にかかる費用が必ず安くなるなんてことはありません。
調査に対するこれまでの実績などもチェックして、安心できる料金システムの探偵事務所に依頼した方が満足できるのではないでしょうか。だいたい浮気調査の調査期間は何日ぐらいなのかというと、平均で3?4日かかるといわれています。
最初に断わっておきますが、これはあくまでも平均的な日数です。
浮気の証拠をなかなか残さないタイプのパートナーだと、1週間から1カ月くらい調査期間が必要になることがあると思っていて下さい。
それとは逆に、この日は浮気し沿うだという日が特定済みの場合は、たった1日で調査が完了してしまうこともありますね。 探偵が用いている追跡グッズとは 自分でも買えるのかと言われたら、購入できます。
追跡グッズは、GPS端末を一般に使用されることが多いですが、これはどんな人でもネット等で買うことができます。車両に載せるタイプのGPS端末は、本来、車の盗難されたときのために付けておくものですので、誰でも買えるのは当然です。
興信所か探偵事務所か迷う違いの差ですが、あまり無いのではないかと言ってもいいかも知れません。
双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策、行方不明者の捜索等々、似たような仕事をしています。
ただ、あえて言うと、興信所は、企業や団体からの依頼向けで、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。
浮気調査で先ずすべき事は、本当に相手が浮気しているかの調査です。浮気の痕跡が確かでない場合はひとまず、依頼主に調査続行の意思を確認することとなります。
残念にも、伴侶の不実が確かなものとなったら、次にすべきことは、浮気相手の特定です。パートナーの日々の行動を追跡したり、或は張り込んだり等、浮気相手の素性を確定指せるのです。
浮気をしているかどうかを調べるのに探偵事務所を使って成功報酬で依頼すれば損はしないと思いがちですが実際には沿うでない場合もありますね。条件が成功報酬なんだったら不成功な結果となった場合、報酬支払いの義務がなくなるので頼んだ方が得をするようなイメージをもつかも知れません。それ故に、探偵事務所の中でも成功報酬を採用しておりている所に絞って、求めているような人がいます。尾行料金の相場はと言うと、調査員の数によっても変わりますが、だいたい1時間あたり1万?3万円ほどです。
言うまでもありませんが、調査員が少ない人数なら安く、多くなるほど高くなります。また、尾行のために車やバイクを使うと、別途交通費、車両費として請求されることがあるのですので、確認が大事です。